耐震性にこだわった設計は可能ですか?

もちろん可能です。保木本設計の住まいづくりでは、積雪量100cm以上の多雪地域の条件下で耐震等級2以上(※注記参照)を確保することを原則としています。住まい手のご要望により、耐震等級3の住まいづくりも実績があります。

また、保木本設計では耐震設計の専門家である『構造設計一級建築士』の有資格者が住まいづくりに携わります。初期の間取り打合せの段階から、安全で合理的に整えられた架構(骨組み)をインテリアに活かす提案を行っています。

※耐震等級とは
等級1・・・建築基準法による最低限の耐震基準で、極めて稀に起こる大地震(目安:震度6強~7)に対して倒壊しない耐震設計です。倒壊は防ぎますが、建物が大きく損傷する可能性を含んでいます。
等級2・・・等級1の1.25倍の地震力を想定し、安全性を高めた耐震設計です。災害避難所に指定されている学校などの公共施設は、この水準をクリアしています。
等級3・・・等級1の1.5倍の地震力を想定し、更に安全性を高めた耐震設計です。