本文へジャンプ  有限会社 保木本設計
FAQ

よくある質問

設計事務所に依頼することについて?

Q1.設計事務所に依頼するメリットは何ですか?
A1. ライフスタイルに合ったオリジナルな住まいが出来ること、専門家による設計・工事監理での安心感、建築費の透明性など、さまざまなメリットがあります。ぜひ一度ご相談下さい。

Q2.初めての相談はどうすればいいのでしょうか?
A2. まずは、電話・メール等でご連絡下さい。ご相談・お問い合せは無料で対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。設計事務所に対して不安をお持ちの方は、HOUSETRIAL(住宅設計体験版)もありますので、お試し下さい。設計事務所(当社)の仕事の進め方を体感できます。

Q3.相談にあたって準備するものはありますか?
A3. 土地の資料をお持ち下さい。その他には特に準備していただくものはありません。資料がない場合は、ご了解をいただいて、法務局から公図や登記事項証明書などをこちらで取り寄せることも出来ます。

保木本設計について?

Q4.保木本設計と他のアトリエ設計事務所との違いは何ですか?
A4. 保木本設計は一級建築士に加え、構造設計の専門である構造設計一級建築士やコスト・見積りの専門である建築積算士の資格も保有しており、建築物のデザインだけでなく、構造耐力の検討、コストコントロールなどをトータルに提案できます。

Q5.保木本設計とハウスメーカー・工務店との違いは何ですか?
A5. ハウスメーカーの場合、自由設計といっても数種類のパターンから選んだり、中には営業サイドでプラン決定とかの話も聞きます。保木本設計では、最初の打合せから設計・工事監理まで常に専門家がオリジナルな住まいづくりに対応します。

Q6.保木本設計はどんなスタイルが特徴ですか?
A6. 何もない白紙の状態から、クライアントの要望をお聞きして、与条件の中で最適と思われる設計を目指していますので、決められたスタイルはありません。ただ、いつの場合も、構造面の安定と維持管理面の容易さも考えながら、シンプルでナチュラル、時間の流れに対応できるおおらかな住まいづくりをしています。

建物の構造・用途・規模などについて?

Q7.鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)などの設計もできますか?
A7. もちろん可能です。WORKSでは木造・住宅などを中心に紹介していますが、RC造やS造、病院、学校、事務所、店舗など、大型建築の設計監理も実績があります。どんな建築でも設計できる、豊富な経験と技術力があります。

Q8.リフォームなどの依頼もできますか?
A8. 新築だけでなく、リフォーム・リノベーション、増改築、建物の用途・構造を問わず設計させていただきます。リフォームは、施工された工務店などに依頼される方が多いようですが、私たちにご相談いただければ、現況の問題点を把握し、使い勝手や動線、居住環境などを解決し、デザイン性あるひと味違うご提案ができます。

Q9.近年は大地震が多くて耐震性能などが心配なのですが?
A9. 弊社では、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の中から、ご希望やコスト・地盤・防火などの与条件を検討し、最適な構造を採用します。木造であっても、構造設計一級建築士が構造面を検討しています。また、クライアントから要望がない場合でも、住宅は建築基準法の定めより1.2〜1.5倍の耐力を持たせるようにしています。

設計料について?

Q10.設計料はどれくらいかかりますか?
A10. 設計料はその業務を行うのに建築士が何日かかるかによって決まります。設計料の半分は人件費が占めています。建物の用途や構造・規模によって見積りさせていただきます。木造住宅の場合は工事費の7%〜10%程度が目安となります。

Q11.ハウスメーカーに頼めば設計料がかからないのでは?
A11. ハウスメーカーも全く設計料がかからない訳ではなく、経費等に含まれています。そして、建築費用にはCMなどの広告宣伝費や営業経費までもが含まれています。設計料を別に支払っても、オリジナルな設計と専門家による工事監理で出来上がった建物の工事費に相応した質を考えれば、どちらがお得か考えてみましょう。

Q12.なぜ工事費と設計監理料は別にしないといけないの?
A12. 設計において私たちは、建築主から提示された条件と予算の中でその住まいにしかないプランを提案できると考えています。また、工事監理においては、ハウスメーカーなどの設計施工で起こりがちな、欠陥住宅等の問題に対しても、施工会社とは立場を異にしながら、建築主に代わって専門家の厳しい目で工事監理をします。だから、施工と設計監理との独立性が重要になるのです。

建築費・コストについて?

Q13.建築家の住まいは高くつくと聞きますが?
A13. 私たちの場合、積算士がしっかりとコストプランニングを行って設計を進めますので、そのようなことはありません。また、詳細な図面と仕様書により建物の仕様を明確にします。通常の場合、同じ設計図で数社から見積りを取って競わせ、価格と内容を検討して施工者を決定しますので、設計図の仕様をしっかりと守った、適正価格の住まいづくりができます。

Q14.建築費をおさえるにはどうしたらいいですか?
A14. 合理的なプランニングにより、床面積をおさえながらも味わいのある空間を提案させていただきます。私たちは、ハウスメーカーと違い、建物の仕様と価格を明確にしますので、コストコントロールの際にも、建築費の透明性がはかれます。

Q15.資金計画の相談にも乗ってもらえますか?
A15. もちろん可能です。過去の実例を参考にして建築費を推定したり、どのタイミング資金が必要になるかなどもお話しします。また、住まいづくりに対する各種補助金制度を紹介したり、住宅ローンの専門家とも連携してサポートします。

住まいへのこだわりについて?

Q16.居住環境のよい住まいをつくりたいのですが?
A16. もちろん大丈夫です。私たちは、エネルギー消費計算プログラムを使用して、環境にやさしい住まいづくりをしております。外断熱工法と通気工法を組み合わせて、WORKSで紹介しているほとんどの住まいは、省エネルギー等級の最高水準です。

Q17.自然素材にこだわった住まいをつくりたいのですが?
A17. 得意としています。木を使った住まいには、やさしい雰囲気とあたたかさがあります。外壁に板張りやしっくいを使ったり、柱や梁の骨組みを表した住まいもつくっています。人の体と五感にやさしい自然素材のすまいは、経年変化も味わいです。

Q18.とにかく丈夫な住まいをつくりたいのですが?
A18. お任せ下さい。ハウスメーカーなどは、構造面の検討は簡単にすませているようですが、私たちは住宅の設計の際にも、構造設計の専門である構造設計一級建築士が構造面の検討をして、安全・安心な住まいを提案しています。

土地選びなどについて?

Q19.土地選びから相談できますか?
A19. 土地の斡旋は行っておりませんが、土地によって建ぺい率など様々な建築制限や地盤の状態など、検討事項はたくさんあります。それによって建築費が増える場合もありますので、最初から相談することをおすすめします。

Q20.狭小地、変形地でも建築は出来ますか?
A20. 厳しい敷地条件の中でも、その場所でしか出来ない提案をさせていただきます。変形地などは比較的安価で購入出来る場合があります。私たちも、限られた条件の中で、思いがけない素敵な空間を創りだすことこそ、設計の醍醐味でもあります。

   Copyright(C)2006 Hokimoto Architects All Rights Reserved