本文へジャンプ  有限会社 保木本設計
PROCESS

住まいづくりの流れ
00 はじめに  
  私たちは、建築に関するご相談・問い合わせには無料で対応しておりますので、お気軽にメールや電話でご相談下さい。
私たちの仕事のやり方をお試しいただける『住宅設計体験版』
HOUSETRIALもご利用下さい。
 
01 相談・ヒアリング  
  住まいへのこだわり・要望・ライフスタイル・趣味などについてお聞かせ下さい。また、住まいづくりに対するご不安・お悩みなど、何でもお話し下さい。  
02 調査・計画  
  敷地及び周辺の調査、上下水道・電気・ガスなどのインフラ調査、法規・条例・地区計画などの法令調査などを行い計画案を作成します。
(敷地図がない場合は現地測量を行います。)
03 提案・プレゼンテーション  
  ご要望や諸条件を検討し、最も適切と思われる計画案を提示します。また、大まかな予算の把握やスケジュールも説明させていただきます。
(ここまでは基本的に費用は発生しません)
04 設計監理契約  
  プレゼンテーションにて提案に了解していただき、さらに計画を進める場合には設計監理契約をお願いしております。
(設計監理料の30%をお支払い下さい)
05 基本設計  
  提案をもとにご要望をお伺いしながら、平面図、立面図、断面図、主仕上げと構造計画など住まいのイメージ・基本を決めて行きます。
06 実施設計(詳細設計)  
  基本設計に了解いただけたら、実施設計(詳細設計)に入ります。デザインと技術の両面にわたり細部の検討を行い意匠図、詳細図、構造図、設備図など工事に必要な図面を作成します。実施設計段階で使用材料や設備機器類の選定を行い、グレードの決定も行います。実施設計が完了した段階で確認検査機関に確認申請手続きを行います。  
07 工事契約・着工  
  実施設計が完了すると、施工業者数社に見積りを依頼します。建築主からご指定がない場合は能力・実績のある業者を紹介いたします。見積書を精査し予算の調整を行い、建築主と協議のうえ施工会社を選定し、工事契約を締結していただきます。
(設計監理料の40%をお支払い下さい)
08 工事監理(工事期間)  
  着工後は、工事内容が実施設計図書どおりに施工されているかを、工事工程ごとにチェックと状況に応じて指示をします。欠陥住宅を無くすための重要な業務です。必要に応じて、建築主にも現場・打合せに立ち会っていただき、イメージなどの確認をしていただきます。
09 完了検査・竣工・引き渡し  
  工事の完成を受けて竣工検査(施工者自主検査・設計検査・検査機関検査・建築主検査)を行い不備があれば手直しを指示します。手直しの完了を受けて建物のお引き渡しとなります。検査済証、施工業者よりの保証書等の書類の引き渡しをします。
(設計監理料の30%をお支払い下さい)
10 アフターケア  
  建物の完成は末永いお付き合いの始まりです。引き渡し後の不具合や維持管理、将来的な増築やリフォームへのアドバイスなど、施工者と協力してメンテナンスをサポートします。   

   Copyright(C)2006 Hokimoto Architects All Rights Reserved